告白、真夜中、ひとりごと。

おもしろそうなことはなんでも書くことにしました。

アイドルがいなくなった日。

ももちこと、嗣永桃子さん。

先日の引退コンサートの最後、さすがとしか言いようのない締め括りをしたということで。

f:id:rainandrain:20170703004018j:image

f:id:rainandrain:20170703004023j:image

f:id:rainandrain:20170703004040j:image f:id:rainandrain:20170703004049j:image

特別ももちさんが好きだったわけではないけれど、えりりんこと亀井絵里さんが好きなので、ベリはよくみていました。

何度見ても、卒コンの類は涙腺緩みますね。

ずーーーっとがんばってきたことの集大成で、もうその人がそのまま出るじゃないですか。

しかもももちさんが泣いた日には。

そりゃ泣きますよ。

 

ももちさんがヲタのこれからを心配していたけれど、ほんとそれなんですよね。

ずっとその人だけを追いかけて、その人が生活の中心で…っていう生き方をしていると、いなくなったときにどうしようもない自分だけが残るんですよね。

私の場合(※アイドル界隈ではないけれど)は、生きることに対する執着を手放してしまって、自発的ではないにしろ死んでてもおかしくないような状態になりました。

アイドルとか、芸能人とか、アーティストとか、コアなファンが出来てしまう職業は本当に重たいですよね。

でも、その分幸せのパワーも比べものにならないはずなので!

 

舞台に立つ快感を覚えてしまうと、ちょっとやそっとじゃ下りられなくなると聞きますが。

客席側も、きっとそれと同じくらいあの空間に依存してしまうんでしょうね。

 

私は今もまだ迷子のままです。

どこへ向かっているのか、生きているのか、死んでいるのか、もう二度と会えないのか。

ここにあり。

https://twitter.com/nhk_docudocu/status/880976863476105218

 

NHKでやっていた、ひふみんの特集を観た。

衝撃と尊敬と感動と動揺で気持ちがぐわんぐわん揺さぶられた。久しぶりにこんなに凄い人を見た。もちろん凄い人なのだろうとは思っていたけれど、ここまでとは。

 

私はアウトデラックスでひふみんを知ったクチで、将棋もルールぐらいしか知らないような人間です。ひふみんの棋士としての歴史はバラエティ用にデフォルメされたものしか知りません。だからこそ、今回の特集は観てよかった。

 

ひふみんのように、人生に対してまっすぐ前を向いて生きていきたいものです。

 

重症だけど、死んだわけじゃない。

 

すごい。ひふみんすごい。

その通りすぎる。

周りが笑うような状況でも、そんな意見を肯定しながらも、自分は最後の最後まで戦う。

そして、引退に際してのインタビューも本当に素晴らしくて。

ひふみんは、本当にかっこいい。

久しぶりに尊敬すべき人の姿を画面越しに観ました。

 

NHK、あんまり興味なかったけど、そんな印象すらも変わりました。きっと他局ではまったく違った色の番組になっただろうから。

バーを開きたい。

バーっていうか、もうちょっとくだけた感じのカフェバー?

本とかボードゲームとか映画のDVDとかなんでも置いて、くつろげるような。

みんなでお酒飲んで、わいわいしゃべったり、しゃべらなかったり。

そんなゆるーい感じがいいなあ。

 

夢です。

将来の。

思い込みって意外と本当になっちゃうって話。

人間は騙されやすい生き物なので、楽しい気がすると思えば本当に楽しくなっちゃうし、病んでる気がすると思えば本当に体調を崩してしまうわけです。

そしてさらに、ポジティブもネガティブも人から人へと感染します。

 

なんでもいいので、今より上へ行きたい人はポジティブな人の近くにいることが大切だと思います。ポジティブな思い込みをしながらポジティブな人の近くにいたらもう最強です。

 

ネガティブは感染力がすごく強いです。少し落ちてる時なんか、いとも簡単に共鳴してしまいます。自分に甘く弱い人が圧倒的多数だからです。たまにはそれもいいかもしれません。けれど、戻れなくならないように深入りしすぎずに浸らないといけない世界です。

じゃなきゃわりと簡単に死んじゃうんだよね。

 

 さて、今日はハッピーのカタマリであるところのアイドル拝みに行きます!

学歴は、AIに負けるという推測。

毎年会社に新入社員が入る。

今年はその中でもうちの会社には勿体無いような経歴の持ち主が隣の席になった。

しかしその社員様から違和感を感じる。

仕事の話、雑談、電話のやりとり、すべてに不慣れというだけでは片付けられない何かを感じる。

何かにつけて、雛型、マニュアル、テンプレートを欲しがる。初めてのことだらけだから真似から入るのは良いことだけど、カッチリ当てはめすぎて応用が効かない。

相手の事情、会社の事情、人間としての対応ができない。

 

癖もすごく多くて、まるで自分の部屋ですかというぐらいに様々な音を発する。

①一日中頻繁にため息、悪夢にうなされたような声を出す。

②独り言、特に文句の類をパソコンに向かってブツブツ言う。

③ペットボトルの飲み物を飲むとき、必ず握りしめて『グシャッ』と音を立てる。

 

他にも、足音やタイプ音など、挙げるとキリがない。

今まで社会経験がなかったのかと思いきや、バイトをした事も一人暮らしの経験もあると。

わりとアクティブなようだし、今まで様々なコミュニティの中でどうやって生きてきたのか聞きたい。

 

ここ数年、理解できない新入社員の方が増えているとは言いますが、何も知らないとか常識に疎いなんていうことではなく。

とにかく!日本語が!通じない!!!

何も知らない、常識を知らないなら1から教えればいい。

けど、20年以上日本人やってて日本語が上手く通じないのはどうしたらいいんですか!!!

 

ミスをしたら、申し訳ございませんと言う。

原因や改善策を考えることはせず、正解だけを聞いて終わり。

自分で考えないからまたミスをする。

指摘したところで正解中毒からは抜け出せず。

 

そんな新入社員様を見ながら、受験勉強とはなんぞやと、大学とはなんぞやと思うのでした。

マニュアル通りに答えを出すならAIの方がよっぽど正答率高いと思うんです。

人がやるからには、そこに人がやる意味がなければならないと思いませんか。

振り返ることができるように。

記憶力が著しく低下しているので、なんでもかんでも書き留めて生きていこうと決めたブログです。

 

三日坊主が常なので、まずは続けることを目標に。

 

将来の夢は、子どもたちが世の中にあふれるいろんなものを知ったり経験したりするきっかけを提供できる場所を作って、自分のやりたいことを自分で見つけていける環境作りに少しでも貢献することです。

 

好きな食べ物は、お肉とお菓子。

嫌いな食べ物は、野菜。

 

昔から憧れている女性は、安室奈美恵さん。

かわいくてしかたないのは、亀井絵里ちゃん。

今すぐなりたい顔は、石原さとみさん。

 

とてもインドアです。